香港を「もっと」好きになる活動記録

香港が好き!!と自信を持って言える様に、香港の良い所に目を向けて行こうと思います。

香港内で4回目の引っ越し(引っ越し当日)【後編】

スポンサーリンク

引っ越し当日。朝の9時に引っ越し屋さんが来ました。トラックの積み込みの為に他にも人がいたのかと思いますが、部屋に来たのは3人。

 

こう言う時期だから引っ越し屋さんも全員、マスクをしながらの作業です。もちろん土足ですが今回は少し涼しかったので半裸ではありませんでした。

 

前回もなかなかスピーディーでしたが今回は前回にも増してものすごかったです。何かの競争の様に常に小走り😂 近寄るとはねられそうなので邪魔にならない遠くから眺めていました。

f:id:KyuTA:20200426183128j:plain

 段ボールを積み上げて、その上に何なら家具を置いて、巨大ラップでぐるぐる巻き。

 

f:id:KyuTA:20200426183208j:plain

服の入ったワゴン(中身そのまま)を横にしてぐるぐる巻き。

 

f:id:KyuTA:20200426183334p:plain

箱に収まらない家電などは木箱にパズルの様に詰め込んでいます(この中にデスクトップパソコンも入っています)。この作業にはコダワリがあるのか、何度も組み替えたりして丁寧にやっていました。

 

搬出に要した時間は1時間ちょっと。タクシーで新居に向かうと引っ越し屋さんも程なくして到着し、休む暇もなく搬入開始です。

 

ここで問題発生。とにかく荷物が多いのですが加えて新居は前の家よりも2割狭い。。。となると段ボールを開けて収納に詰め込まない限り、室内に荷物(段ボール)が収まりきらない事態になりました。

 

慌てて箱を開けて服とかをクローゼットに詰め込んでいたのですが、さすがに引っ越し屋さん。慌てる様子もなく「ソファ、縦にして良い?」って。最初は意味が分からなかったのですが、荷物が片付くまでソファを縦においておけば、その分、スペースが広がるので段ボールを置けるとの事でした。という事でソファを縦置きし、それでも足りないのでテレビ台も縦置きにし、とりあえず搬入終了。多分、搬入は1時間半くらいだったと思います。今回は植木鉢を落として割っちゃったという事がありましたが、枯れかけてたのでそのまま廃棄をしてもらいました。

 

本当に雑ですし、大声でギャーギャーと仲間内で指示を出しあっているのですが、とにかくエネルギッシュ。それなのに新居での家具の設置とか数センチ単位で場所を何度も動かしてくれたりします(むしろ引っ越し屋さんの指示で、ここだとコンセントが使いづらいからもう少し前の方が良いだとか。。。)こういう雑だけど優しい所が自分が考える香港っぽさな気がしてパワーをもらいました。

 

後日、前の家の引き渡しの為に2時間かけて掃除をしました。前の大家さん、最後の半月分の家賃を振り込むのも面倒だからデポジットから引いてもらえますか?と聞いたところ拒否されたので、デポジットを返さないつもりじゃないか・・・と心配していたのですが、掃除の甲斐もあり、あっさりと全額(2か月分)が返金されました。

 

幸い、新居は作り付けの収納も多いので、だいぶ片付いてきました。引っ越しの荷物の多さに我れながら辟易としたので、もう一生、無駄な買い物はしないぞ!!という物欲ゼロ状態です。